この記事は
先日放映されたNHKトリセツ「シン食べる順番ダイエット」のやせるメカニズムと実践・継続するためのアイデアをお伝えします。

本記事の内容
・食べる順番だけでダイエット成功
・「シン食べる順番ダイエット」のメカニズム
・やせホルモンGLP-1
・確実性を高める「計るだけダイエット記録表」
・ごはんを5分我慢するためのプチアイデア
・低糖質のおすすめ「プロテイン飲料」3選

など
忙しいあなたに時短でわかるようにまとめました。

特に
「お子さんを産んだころから産後太りが止まらない…」
「スリムなママ友がうらやましく、
いつか元の体形に戻って褒められたい…」
などと考えているあなたにとって
起死回生のチャンスとなる可能性が大なので
ぜひ最後までお読みください。

本記事の執筆者

この記事を書いているのは
ブログ歴10数年のWEBデザイナー・ライターの男性(デザイン歴は38年)
厳しすぎない食事管理と
朝に寝たまま腹筋を3分。運動もしていないのにメタボが解消できた58歳がお伝えします。
得意分野は「筋トレ・ダイエットの実践と解説」
他に、ワードプレスやブログアフィリエイトにも精通しています。

尚、応用編として、食事のタンパク質料が少ない・無い場合に代用できる「低糖質のプロテイン飲料3種」を紹介していますので、チャレンジしてみたい方はリンクからお求めください。

食べる順番だけでダイエット成功

お待たせしました、本題です。
今までの「食べる順番ダイエット」の定説では、

『食事は野菜から先に食べる』でした。
食物繊維の豊富な野菜を先に食べることにより、炭水化物や糖質の吸収を緩やかにすることでダイエット効果が期待されるということでした。

一方、先日放映されたNHKトリセツ「シン食べる順番ダイエット」では
『ごはんを食べる前に肉や魚などのたんぱく質を先に食べる』
という新しい「食べる順番ダイエット」が紹介されました。

普段のごはんの食べる順番を変えるだけで劇的な変化をもたらした実験結果を公開。

シン食べる順番は

「肉や魚のタンパク質を5分間食べる」
↓ ↓
「野菜はいつ食べてもいい」
↓ ↓
「5分たったらごはん(白米などの炭水化物)を普通に食べる」

実験では、3人の被験者が食事制限をせずに、食べる順番だけを変えてもらうと…

①体重が減る
②自然と食事の量が減る
③間食が減る

といううれしい変化が!

結果、4週間の実験で3人の被験者いずれの方も体重が減少していました。

「シン食べる順番ダイエット」のメカニズム

何故食べる順番を変えただけで体重が減少したのでしょうか?

そのメカニズムは“やせホルモンGLP-1”にありました。

やせホルモンGLP-1

たんぱく質を先に取ると「GLP-1」というホルモンが腸から分泌されます。

「GLP-1」は“やせホルモン”とも言われる物質で、脳の満腹中枢を刺激したり、胃の運動を緩やかにすることで、満腹感が出てきます。

さらにインスリンの分泌を促して、血糖値の上昇も抑える役目もありました。

今、「GLP-1」は医療現場でも注目され、食べる順番の指導が始まっているということです。

ごはんを5分だけ我慢するだけ。
先に5分間、肉や魚などのたんぱく質や野菜を楽しんだ後は、ごはんを食べてもOKという目からうろこの新常識でした。

+確実性を高める「計るだけダイエット記録表」無料

何をやってもダメだったうちのワイフも
ここ1年で「5.4kg」も軽くなっている(気づいたら)
秘密兵器「計るだけダイエット記録表」をどうぞお使いください。
(200g体重計があるとベスト)

計るだけダイエット例
うちのワイフの記録例です。2021.10~2022.10 の記録
なんと1年で5.4kg減。更に数日前からホエイプロテインを食事前に飲み始めました。

毎日記録していくことで体重の推移が見える化でき
体重減少で脳が喜びを感じ、更にやる気が増してきます!
よかったら、ダウンロードしてご活用ください!
↓↓↓
計るだけダイエット記録A3_greenダウンロード

++ごはんを5分我慢するためのプチアイデア

①5分間の砂時計を用意する

きっちり5分ってわかりにくいものです。
5分間砂時計があれば一目瞭然ですね。
また、スマホやキッチンタイマーでもOK。会話をしながら食べれば5分はあっという間です。

②丼物や麺類は「プロテイン飲料」を活用

丼物やラーメンは5分待つのが難しいですよね。
麺が伸びたり、冷めてしまうのではせっかくのおいしさが半減します。

そんな時は「たんぱく質のサイドメニュー」を先に食べる
タンパク質が食事から摂れない場合もあるので

あらかじめ「プロテイン飲料」を用意しておいて、食べる5分前に飲んでおくという方法があります。

プロテイン飲料はドラッグストアなどでも、手軽に購入できますが、飲みやすくするために糖質が多量に入り、かえって糖質オーバーになる商品もあるので、選択にはご注意ください。

低糖質のおすすめ「プロテイン飲料」3選

プロテインっていろんな種類、価格や量など、どれがいいのか判断が難しいですよね。
味がまずいのは論外ですが、水や牛乳に溶けにくかったり。

低糖質、高たんぱくで、とにかく美味しく続けやすいものが成功の鍵となります。

なお、プロテインには大きく「ソイプロテイン(大豆など植物性タンパク)」と「ホエイプロテイン(乳清タンパク)」の2種類がありますが、トリセツでは肉と魚などのたんぱく質とありましたので、「ホエイプロテイン」をおすすめします。

理由がもう一つあります。
聖マリアンナ医科大学の教授、糖尿病センター長である田中 逸氏が2019年に行った「GLP-1に着目した食事療法の時間代謝学を考える」という講演の中で

ホエイプロテインとGLP-1

・血糖改善には乳清タンパク(whey protein)が効果的である
・昼食後と夕食後の血糖値改善のためにも朝食をとるのは重要である
・ホエイプロテインは朝食中より朝食前の摂取が効果的である。

と講演で報告されています。
参照:https://www.carenet.com/news/general/carenet/47657

一方、
北海道大学大学院農学研究院では
「大豆HMF由来ペプチドの消化管ホルモンGLP-1分泌を介した
血糖上昇抑制作用に関する研究」によるとソイプロテインでも血糖値改善の結果が報告されていました。
https://www.fujifoundation.or.jp/report/pdf/031/31_11.pdf

つまり、「ホエイプロテイン」「ソイプロテイン」いずれでもよいのでは、というのが本記事での結論です。

でも、「プロテイン」たくさんありすぎて迷うという方、次の3選をチェックしてみてください。

アミノスコア(たんぱく質とアミノ酸の配合)の数値もチェックしてみてください。
また、置き換えダイエットなど、体を引き締めるには吸収がゆるやかな「ソイ プロテイン」も有効とされています。目的に応じてソイかホエイをお選びください。

選考の基準(おすすめの理由)

市販の「プロテイン」SAVASとか、確かに美味しいのがありますが
糖質が記載されていないのが不安というか、不誠実ですよね。
(ひょっとしてびっくりするほど高いのかも…)
中には糖質0があるので、じゃ他のは一体いくら入っているか?って疑問になります。
また、糖質が少なくても、人工甘味料が多ければ健康によくないですよね。

なので

選考の基準

糖質や添加物に関して明確に書かれているもの
低糖質のもの

この2点を「選考の基準」にしました。

プロテインおすすめ①:【ULTORA(ウルトラ)】

美味しさは追求しつつも
人工甘味料・合成着色料・保存料などの添加物を
使わない製法にこだわったULTORA製品
「ホエイプロテイン」
です。

■人工甘味料・合成着色料・保存料などの添加物なし
■ 糖質:2.3g(ストロベリー)~4.3g(プレーン)/1食30g中
アミノ酸スコア100
たんぱく質とアミノ酸の配合がバツグン
■ 通常よりも吸収が遅い成分(カゼイン+食物繊維)

    だから腹持ちがいい!
■ 安心の国内生産



国産高品質、プロテインブランド【ULTORA(ウルトラ)】

プロテインおすすめ②:【美穀菜 プロテイン・カフェオレ味

■「コーヒーのブルックス」がもともと「置き換え用に開発したプロテイン」。
■Wたんぱく質(ホエイプロテイン&大豆プロテイン入り)が14gも入っています。
炭水化物を食べる5分前に飲んで今まで通り食事を楽しめます。
もちろん置き換えると更に期待が高まります。
■人工甘味料・香料:あり(ナイアシン・パントテン酸など)
■ 糖質:4.6g/1袋25g

毎月0が付く日、10日、20日、30日は
ポイントの「マメー」が7倍
つきますので、どうせ買うなら
0が付く日が断然お得です!

置き換えダイエットをしながらタンパク質も摂りたい方に♪【美穀菜 プロテイン・カフェオレ味】

プロテインおすすめ③:【ジェシカズ・フォーミュラ

●高タンパク質のプロテインドリンクはクセのある味で飲みづらい…。
●味が美味しいものは糖質が多くてカロリーが気になる…。

そんな方に
一杯あたり糖質量がたったの1.1g、カロリーが33kcalの「ソイプロテイン」

話題のスーパーフード「アサイー」&ミックスベリー味で 明日もまた飲みたくなる美味しさは継続しやすいプロテインドリンク。

●100%大豆由来のプロテイン 女性に不可欠な働きをもつイソフラボンがカラダ作りをサポート
●なめらかな舌触りで飲みやすい
●安心の30日間返金保証付き

女性のためのソイプロテイン ジェシカズ・フォーミュラ

【2022年11月4日(金)発送分】をもって販売を終了

NHKトリセツ「シン食べる順番ダイエット」のまとめ

いかがでしたでしょうか?
「シン食べる順番ダイエット」はタンパク質とごはんをどちらを先に食べるかの順番が決め手でした。

「肉や魚のタンパク質を5分間食べる」
↓ ↓
「野菜はいつ食べてもいい」(ごはん前に食べると更にいい)
↓ ↓
「5分たったらごはん(白米など)を普通に食べる」

糖尿病の医師による実験でも
朝食前のホエイプロテイン(ソイプロテイン)の摂取が効果的であるという結果を報告していました。

白米を食べる前に5分だけ肉や魚、野菜を先に食べる「シン食べる順番ダイエット」。これなら無理せず長く続けられるのではないでしょうか。

大好きなラーメン・丼物など、別々に食べにくい食事や
タンパク質がない場合のために

お好みにあった「プロテイン飲料を常備」しておくと、更に完璧です。

NHK ダイエットのトリセツ(取扱説明書)

「ダイエットのトリセツ(取扱説明書)」ダウンロードはこちら
↓ ↓ ↓
http://www.nhk.or.jp/program/torisetsu-show/2022_daiettodiet.pdf

■■ダイエット関連記事もどうぞ
↓ ↓ ↓
ダイエットに効果的な趣味!女性におすすめのスポーツ12選