快調茶の正しい飲み方を押さえて、お通じ・ぽっこり

慢性的なお通じにお悩みの方、ぽっこりお腹が気になる方の強い味方の「快調茶」は1日1杯飲むだけ

粉末だから「さっと溶かして飲むだけ」の手軽さに加えて、植物発酵エキスが便通改善以外にも美容に期待できると評判ですが、効き目が強い分飲む量を間違えると、期待した効果が得られないこともあります。

そこで、見落しがちな「快調茶」の正しい飲み方や飲むタイミングについて詳しく調べましたので、参考にしてください。

毎日行う事なので、ちょっとだけ意識して飲むだけで、実感に違いが出てきますよ!

公式サイトはこちらからどうぞ
↓↓↓
慢性的な便秘と下腹部の「ぽっこり」が気になる方に!毎日のお茶に「快調茶」

「快調茶」の正しい飲み方と飲むタイミング

「快調茶」の飲み方

付属のスプーン1杯(約5グラム)を
200mlの水又は、お湯に入れて軽く混ぜるだけで出来上がり。

便通改善の成分「キャンドルブッシュ」の過剰摂取にならないように1日1杯をお守りください。

「快調茶」の飲むタイミングは?

公式サイトには「快調茶」の飲むタイミングについては特に書いてありませんでした。

ですが、糖・脂肪の吸収スピードを遅らせる有効成分の難消化性デキストリンが配合されていますので、食前に飲んだ方が、余分な糖質や脂肪の吸収を穏やかにし、内臓脂肪の低減が期待できます。

食前と言っても1日3回食べる人は?という疑問がわいてきますが、一番糖質や脂質を多く含んでいそうな食事前がいいと考えられます。

例えば、昼食の「こってりしたラーメンを食べる前」とか、「夕食のフルコースのディナーの前」など、1日のうちで一番カロリー(あるいは、糖質・脂質)が高そうな食事の前に飲むのを基本にしておくと間違いがないと思います。

購入者の口コミでは、寝る前に飲むと、朝のお通じがスッキリするという声もありましたので、自分の一番いいタイミングをいろいろ試してみるのもいいのではないでしょうか。

「快調茶」他のお茶との決定的な違い

ポイント1:豊富な有効成分を配合

健康に美しくを実現するためにセンノシド(センナ)を含むキャンドルブッシュの他に、難消化性デキストリン、大麦若葉、生姜、杜仲茶などの植物発酵成分を贅沢に配合しています。

◎有効成分1:キャンドルブッシュ
古くから原産地インドネシアではぽっこり解消に使われており、ビタミン・ミネラル・ポリフェノールなどの豊富な食物繊維とスッキリ成分が含まれています。

◎有効成分2:難消化性デキストリン
トウモロコシから作られた水溶性の食物繊維で糖・脂肪の吸収スピードを遅らせ、ミネラルの吸収、内臓脂肪の低減、整腸作用などがあります。

◎有効成分3:キダチアロエ末
キダチアロエは、ビタミンやミネラル、アミノ酸・酵素などダイエット中に積極的に摂りたい成分が豊富に含まれています。また、皮の苦みも、スッキリの後押しをしてくれます。

有効成分4:こんにゃく芋
水溶性の食物繊維グルコマンナンを豊富に含むこんにゃく芋は食品の水分を包んでゼリー状にし、余分なものを外に追い出すサポートをしてくれます。

ポイント2:生姜パワー

温活に欠かせない生姜にはポカポカ成分ジンゲロールが豊富に含まれ、生姜パワーが燃焼ボディへと導きます。

ポイント3:植物発酵成分

野菜と果物のビタミンを濃縮し、長時間寝かせた植物発酵成分も配合
酵素や酵素の働きをサポートするアミノ酸・ミネラルが豊富に含まれます。
ビタミンC,E、B1,B2、B6、A、ナイアシン、葉酸など15種類のビタミン・発酵成分入り

ポイント4:お手軽粉末タイプ

よくあるティーバックとは異なり、手軽に飲める粉末タイプだから
お好みの量を調節でき、お湯または、水を注ぐだけですぐに溶け、茶葉を捨てることなく体に摂りこむことができます。アイスでもホットでもOKです。

「快調茶」の正しい飲み方と飲むタイミングのまとめ

「快調茶」の効果的な飲み方をまとめると、
・付属のスプーン1杯を、200mlの水又は、お湯に入れて軽く混ぜるだけでOK。
・1日1回、その日の一番糖質や脂質を多く含みそうな食事前がいいと考えられます。
・飲みすぎは効果を損ねる可能性があるので、一日1杯を守って長く続けることが重要でした。

ダイエットや美容にうれしい杜仲茶やハトムギ、緑茶、黒ウーロン茶などの厳選茶葉も豊富で、慣れ親しんだお茶の風味なので、無理なく美味しく飲み続けていけますね。

ノンカフェインだから寝る前に飲む方にも安心です。
手軽に健康に取り組みたい方にピッタリの健康茶になります。

公式サイトはこちらからどうぞ
↓↓↓
慢性的な便秘と下腹部の「ぽっこり」が気になる方に!毎日のお茶に「快調茶」