スリムコーヒーを飲む量は1日何杯?

スリムコーヒー を今から飲んでみたいと考えている方の中で、「スリムコーヒー は1日何杯まで飲めるのか」など一番いい摂取量について気になる方もいらっしゃるかと思います。

そこで、公式サイトをいくら見直しましたが、残念ながらスリムコーヒーの摂取量に関する説明はありませんでした。

スリムコーヒー飲み方は「小さじ1杯3~5gを100ml~150mlに混ぜて飲む」とだけしか書いていません。

おそらくスリムコーヒーは薬ではないので、「1日に何gまで飲むのがよい」という表現ができないのではないかと考えます。(薬機法があるので)

なので、あくまでも推測でしかありませんが、
ここでは「ポリフェノール摂取量」と「他の配合成分量」の2つの観点からスリムコーヒーの一番ベストな摂取量に迫ってみようと思います。

ポリフェノール摂取の観点から

テレビや多くのネット情報を見ると、「通常のブラックコーヒーにはポリフェノールが含まれているので、1日3・4杯飲むことで病気のリスクを減らすというのが最近の定説となっています。

ただし同時にカフェインも摂取してしまうので、飲むタイミングや妊娠時には注意が必要です。

他の配合成分の観点から

スリムコーヒーには代表的な配合成分として、食物繊維である「難消化性デキストリン」アミノ酸 燃焼系成分の「Lアルギニン」「Lカルニチンフマル酸塩」が含まれているので、飲み過ぎると下痢や吐き気をもよおすことが考えられます。

スリムコーヒーにどれくらいこれらの成分が配合されているかがわからないので一概には言えませんが、下痢などお腹の調子のことを考えると

スリムコーヒーの摂取量は?

1杯~3杯まであたりが妥当な分量ではないかと考えます。

理由として、
①公式サイトで飲む量については記載がない。
②置き換える回数についても書いていない。
③飲み過ぎて逆にお腹の調子がわるくなるのではもともこもない。
からです。

スリムコーヒーを効果的に置き換える例として

せっかく飲むのならおいしくしかも、効果的に飲みたいですよね。

置き換える例として
①ジュースなどカロリーが高い飲み物をスリムコーヒーに置き換える。
②お菓子を食べる代わりにスリムコーヒーを飲む。
③1日のうち朝・昼・夕のいずれかの食事をスリムコーヒーに置き換える。
④カロリーの高い食事前に飲んで吸収を遅らせる。

など、食生活を細かく見直すことによって
太る原因を一つ一つ排除し、我慢せずに健康的にダイエットする習慣が身に付いてきます。

毎朝、寝る前に体重計に乗って
グラフを付ける習慣なども取りいれると
次第に折れ線グラフが右下がりになるという視覚の効果が
一番脳においしい刺激を与え、更に欲が出てくればしめたものです。

あなたはお菓子や大盛りの白米など、以前のような執着が無くなるでしょう。

その代わり、時間があれば犬の散歩やウォーキング、週末にはテニスなどで汗を流すことが
何よりのご褒美になってくることと思います。

ということで
「スリムコーヒーの適正な摂取量は1日
1杯~3杯あたりを毎日飲むタイミングなどを意識しながら継続することがおすすめというのが結論になります。

コロナが収束する前にこの意識改革の習慣をルーチン化してしまえば
多くの方を驚かせることができること間違いなしです。

残念ながら「スリムコーヒーをたくさん飲めば必ず痩せる」とは言い切れません。

スリムコーヒーを飲むことで、いかにおやつや食べ過ぎなど、食生活や生活習慣の見直しを図るきっかけにできるか。

ダイエットを楽しく継続できるか、そのために必要なアイテムとしてスリムコーヒーは最適に間違いありません。

◎ブログ内関連記事:飲み方・アレンジについて
↓↓↓↓
スリムコーヒーの飲み方と美味しく続ける超簡単アレンジ4選!

◎ブログ内関連記事:スリムコーヒーの最安で購入なら
↓↓↓↓
SLIM COFFEE らくらくダイエッターサポートコースはココからの購入が最安です!

スリムコーヒーの特徴のおさらい

スリムコーヒーはいつものコーヒーをスリムコーヒーに置き換えることでダイエットサポート可能な商品です。
82種の植物発酵エキスや8種の厳選成分、7種の美容成分配合してあるので栄養の心配など、無理なくダイエットに励めます。

これまでダイエットした結果水分うしなわれて肌乾燥気味になったといった方が多いです。

その点スリムコーヒーは無理なダイエットすることなく美容の効果も期待できます。

スリムコーヒーに含まれてる美容成分中豚コラーゲンより7倍吸収力のいいフィッシュコラーゲンが含まれます。

そして体内環境とと根おられる乳酸菌末、ビフィズス菌も含まれ、置き換えダイエットなどでおなか痛めた経験がある人も、健康的にダイエット効果得を得られます。

スリムコーヒーは日本一の焙煎士が監修しており、味にたいしても評価も高いです。

ダイエットの、女性の強い味方といったことで話題になっており、ちょっとずつ話題集めて、今や評判は楽天ランクのダイエット健康部門、リアルタイムダイエット部門などで1位獲得するほど。

また、チャコールは炭のことで、その吸着力、吸収力の高さでダイエットに向くとされる食品です。

そしてオルニチンは遊離アミノ酸の一種なのですが、疲労回復、成長ホルモンの分泌を高めてくれます。

疲れにくい体となり、睡眠もしっかり取って免疫力も高くなります。

ダイエットするとき運動することも多いでしょうが、運動に適した体になれます。

そして成長ホルモンは加齢で減少しますが、オルニチンは運動時の成長ホルモン分泌促してくれます。

脂質代謝という役目があるLカルニチンを摂取して、脂質効率よくエネルギーに変えられます。そして、脂肪燃焼する働きで運動時によってその効果発揮してくれます。