ホメオバウ-アイクリームの使い方

ホメオバウのアイクリームは、EGF、FGF(成長ホルモンを活性化する物質)が入ったカプセル「ナノソーム」を肌の深部で放出し続けるので、いつまでも目元の潤いをキープし続けてくれます。

ホメオバウのアイクリームの使い方は何か特別な塗り方とかコツとかあるのか調べたところ、超シンプルで、おそらくアイクリームの中でも一番手間いらずで簡単でした。

ホメオバウのアイクリームの使い方のおさらいと、効果をもたらす特徴をまとめましたので、目元ケアの参考にしてください。

公式サイトはこちらからご確認ください。
↓↓↓
ホメオバウ アイクリーム

ホメオバウ アイクリームの使い方

 アイクリームの使い方

化粧水・美容液の後にお使いください。
① 片目に米1粒の量を手に取り出します。

② 目元にやさしく伸ばします。

③ 口元のシワやたるみにもお使いください。

◎使用上のご注意
目に入らないように注意してください。
万一、目に入った場合はきれいな水で洗い流してください。

ホメオバウ アイクリームの特徴

EGF・FGF、ダブルのパワーでエイジングケアを図ります。

EGF(上皮細胞再生因子)がうるおい・透明感UP

きめ細やかな透明感のあるみずみずしい肌は正常なターンオーバーが肝です。

年齢と共にターンオーバーが遅れると、角質に水分が行きわたらず、シワやたるみの原因に。
そこで肌細胞の老化を食い止めるためにEGFを補給すると新生細胞の大幅な増加が確認できました。

FGF(繊維芽細胞再生因子)がハリ・弾力UP

70%がコラーゲンからできている真皮層の中の線維芽細胞が衰えると、コラーゲンやエラスチンが減少してしまい、シワやたるみが出てきます。

FGFが弱った線維芽細胞を刺激して正常なコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を増産させる作用があります。

◎ナノソーム化したEGF・FGFが皮膚組織に浸透
ナノサイズのカプセルに閉じ込めたEGF・FGFが肌の深層で時間をかけて放出し続けるので、常にハリのある状態が持続する仕組みです。

驚異的な保水力:ツバメ巣エキス

楊貴妃が愛した美容素材「ツバメ巣エキス」にはシアル酸というローヤルゼリーの200倍という驚異的な保水パワーがあり、目元を若々しく保ちます。

ビタミンC・A・K・E

目の下の皮膚は顔の中でも特に薄く、うっ血や色素沈着が現れやすい場所。
いわゆる目の下のクマがそれです。うっ血を目立たなくするには、ビタミンKをはじめとするビタミンが有効です。
・ビタミンC:白肌パワー
・ビタミンA:小じわケア
・ビタミンK:くまケア
・ビタミンE:潤いUP

マイクロコラーゲン・ダーマキシル

老化した肌はコラーゲン・エラスチンが減少、シワやたるみを引き起こします。

超微粒子のマイクロコラーゲン・ダーマキシルが深部へ浸透し、コラーゲン・エラスチンの生成を助け、痩せて落ち込んだ目元をふっくらにさせてくれます。

安心の無添加

  • 合成香料不使用
  • 無着色
  • 無鉱物油
  • パラベン不使用

ホメオバウ アイクリームの使い方のまとめ

ホメオバウ アイクリームの使い方超簡単で
米粒大の量を手に取り出し、目元にやさしく伸ばすだけでした。
目元だけでなく、口元のシワやたるみにもお使いください。

ホメオバウ アイクリームの購入は公式サイトの定期キレイ便が最安です。

通常価格:5,500円(税込み)
定期キレイ便初回:4,950円(税込み)

公式サイトはこちらからご確認ください。
↓↓↓

ホメオバウ アイクリーム15g