ルジュ 化粧品

老化した細胞を元に戻そうとする画期的な技術「ヒト幹細胞エクソソーム」。

その最先端の「ヒト幹細胞エクソソーム」が配合された化粧品が北海道ナチュラルバイオグループの新ブランドLejeu(ルジュ)として誕生しました。

Lejeu(ルジュ)の化粧品はコロナ禍で
「マスクで肌荒れがひどくなった」
「サロンへ行く機会を減らしている」
と感じている方々に
お家で美容を楽しむアイテムとして人気を博しています。

Lejeu(ルジュ)のフェイスケア美容液は現在6種類。

中でも発売後間もなく、まつ毛美容液「アイラッシュセラム」は品切れになるほど注文が殺到し、現在予約注文のみの受付という人気ぶりです。

この記事では「ヒト幹細胞エクソソーム」の秘密とLejeu(ルジュ)の美容液について詳しく調査、その使い方をまとめてみました。(現在まつ毛美容液「アイラッシュセラム」の使い方まで)

公式サイトはこちらからどうぞ
↓↓↓↓
”医師も注目”ヒト幹細胞エクソソーム化粧品【Lejeu(ルジュ)】

Lejeu(ルジュ)の美容液

従来皮膚のシミやたるみを取るには、レーザー照射やヒアルロン酸の注入、保湿など強制的に行っていたのに対して、細胞を内側から再生させ、若返りの指令をする「ヒト幹細胞エクソソーム」を配合した美容液になります。

・まつ毛美容液「アイラッシュセラム」
・目元美容液バイタルリフトアイエッセンス」
・美容液「フェイスアップセラム)
・美容液「プレミアムバイタルエッセンス」

全てに「ヒト幹細胞エクソソーム」が配合されていますが、最高峰の含有量が「プレミアムバイタルエッセンス」になります。

幹細胞 エクソソームとは

従来の化粧品がターンオーバーの手助けと保湿に留まっていたのに対して、「ヒト幹細胞エクソソーム」はダメージを受けた細胞そのものを修復するという「永遠の若さを保つ成分」になります。

シミ・老化のメカニズム

テレビでおなじみ、皮膚科医の友利新先生によると、

年齢が若い人のお肌は細胞が元気でターンオーバーで古い角質やメラニン色素を排出、どんどん生まれ変わることができ、みずみずしい肌が保てる理由になります。

歳を取ってくると、水分量と油分量が減っていくので、シミ・シワが増えたり、ほうれい線が目立つ、目の下のクマが目立つといった老化現象が進んでしまいます。

幹細胞 エクソソームの登場

そこで、幹細胞 エクソソームの培養に成功し、化粧品に配合されました。

幹細胞は何にでもなれる細胞のことで、お肌に浸透すると、肌の老化を再生する役割を担います。

エクソソームには598種の元の細胞に戻す指令を出すメッセンジャーRNAが含まれていて、このうちの96種が皮膚の再生に関係しているという事です。

まさにアンチエイジングが現実のものとなった画期的な技術ですね!

幹細胞 エクソソーム Lejeu(ルジュ)アイラッシュセラム

Lejeu(ルジュ)の第一弾の商品がまつ毛美容液「Lejeu(ルジュ)アイラッシュセラム」。

まつ毛のハリとコシのアップを促すだけでなく、加齢によりダメージを受けたまぶたのにも作用する点が他のまつ毛美容液との決定的な違いです。

アイラッシュセラムの特徴

今まで繰り返してきた目もとへのダメージ

・ついついビューラーで力を入れすぎてしまう
・頑固なアイメイクを強力なクレンジングで落とすダメージ
・更にまつ毛エクステによる強いダメージにより、まつ毛がボロボロ・スカスカになっている。

など、目元の悩みをルジュのヒト幹細胞エクソソームの有効成分が配合された「アイラッシュセラム」がまつ毛の成長環境を整えてくれます。

役割をまとめると
・まつ毛美容液
・パーマエクステの長持ち
・加齢まぶたまでケア

「アイラッシュセラム」の使用前の注意点

夜のスキンケアの時に使用してください。
洗顔後の乾いたまつ毛に、乳液などの油分を付ける前に「アイラッシュセラム」を塗布してください。
容器をよく振ってから使用します。
チップに美容液を含ませすぎると、目に入る恐れがあるので、容器の口でしっかりと美容液を筆でしごいて適度な量を調節してください。

「アイラッシュセラム」の使い方

(1)上下のまつ毛の生え際に太めのアイラインを引くように塗布します。

(2)上まつ毛全体を根元から持ち上げるように塗布します。

(3)下まつ毛も同じように根元から塗布します。

マスカラなどのアイメイクをする際は、美容液が乾いてからご使用ください。
過剰なお手入れで傷んだ眉毛&地肌にも使えます。

公式サイトはこちらからどうぞ
↓↓↓↓
”次世代スキンケア”ヒト幹細胞×プラセンタ配合【Lejeu(ルジュ)】