アイキララの効果を高める使い方

顔の中でも特に皮膚が薄いのが目の下の皮膚。
その極薄の皮膚が更に痩せると様々な症状が現れてきます。

・内側の血液や筋肉が透けて見えやすくなりクマが出来てしまう
・老廃物がたまった結果、前に出てしまいたるみが発生する
など

そんな 「目の下の皮膚痩せ」 に着目したのが、北の快適工房のアイクリーム「アイキララ」

従来のアイクリームはコラーゲンを外側から塗るだけの”その場しのぎ”の対策でしたが、「アイキララ」は肌リズムを正常化させる成分が浸透し、内側から悩みに寄り添ったアイクリームに仕上げました。

今回は、アイキララの効果を最大限に引き上げる塗り方や塗るタイミングなど、使い方にコツがあるのかどうか、詳しく調べてみましたので、どうぞ参考にしてください。

公式サイトはこちらからどうぞ
↓↓↓
目元の悩みには目の下用アイクリームの『アイキララ』

北の快適工房 アイキララの使い方

アイキララの使い方は、朝・夜の1日2回、洗顔後、お手持ちの化粧水等で肌を整えてから『アイキララ』を使用します。

アイキララの使い方

①つける前に「温め5秒」
1回1プッシュ米粒大を手の甲に出して、薬指の腹で押さえるようにしてクリームを5秒ほど温めます。(1プッシュを左右両目に使用)
②薬指の腹でやさしく塗り込む
薬指で軽くトントンと優しくなじませたら、薬指の腹で外側に向かってクリームを塗ってください。
③目元をやさしくハンドプレス
クリームが完全に肌に吸収されるまで、目元をやさしくハンドプレスします。透明になったら浸透した目安です。

目の周りは皮膚が薄いので、ゴシゴシこするのはNGです。
薬指を使うと余計な力が入らないのでやさしく塗ることができます。

効果的な使うタイミング

アイキララは化粧水等で肌を整えた後にご使用ください。肌に水分を含んだ状態の方がアイキララの成分が浸透しやすくなります。

①化粧水 ⇒ ②アイキララ ⇒ ③乳液・クリーム・オールインワンタイプ

油分を多く含む乳液やクリーム・オールインワンタイプの化粧品を先に塗ると、アイキララの成分が浸透しにくくなりますので、アイキララをお使いの後に塗ってください。

使用上のコツ
◎一度につけすぎない。
クリームを一度につけようとすると、目に入ってしまう可能性がありますので、少しずつ薬指の腹で取り、塗ってください。
◎目の際は塗らない
伸びのいいクリームなので、目の粘膜ぎりぎりまで塗ると、クリームが目に入ってしまうことがありますのでご注意ください。
◎強くこすらない
成分をより浸透させようと強く塗るのはNGです。色素沈着やたるみの原因にもなりますので優しく押さえるようになじませてください。目元をマッサージしながらの使用もお勧めしません。

※万が一目に入ってしまったら、すぐに洗い流してください。

北の快適工房 アイキララの使い方のまとめ

アイキララの使い方は簡単でしたが、使い方を間違えると、目の中に入ったり、有効成分の浸透を妨げたりすることがあるので、正しい使い方を忠実に守って使用するのが実感への近道です。

また、すぐに塗るのではなく、5秒程人肌で温めてから塗ると浸透しやすいという事でした。
また、よくある目もとのマッサージはNGでした。焦らず、やさしく丁寧に、そして毎日続けることが重要のようです。

アイキララの購入は
全額返金制度保証のある東証一部上場企業「㈱北の達人コーポレーション」
公式サイトからの購入が間違いありません。

公式サイトはこちらからどうぞ
↓↓↓


目元の悩みには目の下用アイクリームの『アイキララ』