ホメオバウ-ローションの使い方や適量は?

ホメオバウ化粧品は元々エステティックサロン向けに開発された“プロ用化粧品 です。

肌老化の大敵、活性酸素を除去する「フラーレン」が美白、シワ、バリア機能、毛穴に強力に働きかけるローションです。

ホメオバウ ローションにはプロ用だけに、正しい使い方や適量・順番や塗り方があるのか
効果を最大限に引き出すためにも詳しく調べましたので、スキンケアの向上にぜひお役立てください。

ホメオバウ公式サイトはこちら
↓↓↓
【ホメオバウ】ローション

ホメオバウ ローションの使い方

ホメオバウ ローションを使うタイミングは朝と夜の洗顔後の乾いたお肌に使います。

ホメオバウ ローションの使い方

ローション500円玉大くらいを手に取り出し両手で顔全体になじませます。
(コットンを使う場合は、裏側までしみるくらいの量で。)

②頬、おでこ、まぶたに手のひら全体(またはコットンで)でパックするように肌になじませます

③肌にローションを残さないようにしっかりなじませ、手のひらがもっちりと肌に吸いつくようになったら出来上がり
特に乾燥が気になる部分には、重ね塗りしてください。

◎注意点
目に入らないように塗ってください。万が一目に入った時は流水で洗い流してください。

ホメオバウ ローションの特徴とこだわり

こだわり1、エステティックサロン向け“プロ用化粧品”として開発

「ホメオバウ」はもともと、エステティックサロン向けのプロ用化粧品として開発されました。
そして肌のメカニズムを学んだプロのエステティシャンたちが、「本当に良い物」としてその素晴らしさを実践し、広めてきました。

スキンケアの鍵となるのは、角質層に存在するNMFという天然保湿因子
このNMFの61%はアミノ酸と、アミノ酸の化合物でできています。

【まるで美容液並み】フラーレン・NMFビタミンC誘導体を美容液並みに配合
【エステサロンと同等の品質】全国のエステサロンで使われてきました。
【敏感肌の方に】アルコールフリー、無鉱物油、合成香料不使用、石油系界面活性剤不使用、パラベン不使用、シリコン不使用、着色材不使用

こだわり2、美肌成分“フラーレン”高配合スキンケア

強力で持続力のある抗酸化力、「フラーレン」を配合しています。
美白、シワ、バリア機能、毛穴などに働きかけるのは、フラーレンのこの抗酸化力によるもの。
【うるおい成分が長時間持続】ヒアルロン酸の1.3倍の驚異的な保水力を持つ「プロテオグリカン」でうるおいが長持ち

こだわり3、必要なところへ確実に届ける“浸透力”

汚れや紫外線はしっかり防除しながら、美容の有効成分は奥までしっかり届けるのが、フォーカスデリバリーシステム
肌のバリアを抜けて、必要な成分を必要なところにしっかり届けます。

こんなお悩みをお持ちの方に特にオススメ!

「とにかく、効果を実感したい」
「エステサロン級のお手入れを手軽にしたい」
「最近、なんだか肌の調子が悪い…」

ローション・エッセンスが面倒な方には

忙しい方には、ローションとエッセンスの両機能を合わせ持った「ホメオバウ ワンリッチゲル」が簡単に保湿ケアができます。

化粧水・美容液・クリームをこれ1本で

水分保持力の高い、リピジュアやトレハロースをはじめ、
エイジングケア効果をもたらすプロテオグリカンやフラーレンを配合
さらに、エモリエント作用で肌表面を保護します。

ワンリッチゲルの使用方法

①ワンリッチゲルを2プッシュ程手に取ります。

②朝、晩、洗顔後の素肌に、お顔全体になじませていきます。

ワンポイントアドバイス:
ブースター(導入効果)としてもお使いいただけますので、ゲルの後に、ホメオバウ エッセンスとクリームでケアすれば、有効成分の導入効果で更に成分の浸透を促進させます!

ホメオバウ公式サイトはこちら
↓↓↓
【ホメオバウ化粧品 ワンリッチゲル】

ホメオバウ ローションの使い方のまとめ

ホメオバウ ローションを使うタイミングは朝と夜の洗顔後にお使いください
ローション500円玉大くらいの量を手に取り出し両手でパックするように顔全体になじませます。
手のひらがもっちりと肌に吸いつくようになったらOK、気になる部分には、重ね塗りしてください。

「ホメオバウ ローション」の購入先は
公式サイトが一番お安く購入でき、商品に間違いがありません。

ホメオバウ公式サイトはこちら
↓↓↓

【ホメオバウ】ローション